お役立ち情報

お客様をたくさん集める展示品の見せ方<その1>

2020.07.05

展示品の見せ方

展示する製品やサービスをどこに配置し、どのように見せるかでお客様の入り方は変わってきます。

気合の入った展示会のブース。デザインもバッチリです。
ブースデザインに加えて展示品の見せ方だけで集客に大きく差が出ます。
大切なことは、来場者の感情を動かす刺激を与えることで興味を惹いてブースに 来場してもらうことなのです。

展示品は通路側に置こう

通路を歩く来場者の目に触れる通路側に展示品を並べるレイアウトを作ります。
看板を見てブース前まで来た来場者に、展示品を見える位置に置くことで、 さらに具体的に興味を喚起することができます。 小さい小間ではお決まりのセオリーですが、意外とやっておられない企業様が多いように感じます。

通路側に展示している例(弊社実績より)

展示台に置く際に、パネルと遠い場合は展示台 にも小さい説明パネルなどを置くなどをして見て興味を惹くようにします。

配置やスペースに強弱をつけよう

展示品の中でご出展社様が今回注力したい商品が必ずありますね。
①一等地に配置する
角小間であれば角の目立つ位置、それ以外でも通路側に置くことで多くの人の目に触れるように仕向けます。
②配置を広く取る
注力商品は他の展示品の倍のスペースを確保することや大きな壁面の前に置いてグラフィックと一緒に見せるなどで 注目されるようにします。

いかがでしょうか?ささいなことで「当たり前やーん」なように思いますが、意外とできていないように感じます。
続きはまた次回お話しますね。        

大阪の展示会ブース制作会社|関西から全国対応|株式会社ウェンズ
展示会サイト
https://www.wednes.co.jp/exhibition-special/
会社サイト
https://www.wednes.co.jp
/    

         

東京、大阪、名古屋、九州のB to B向け展示会出展に対応いたします

東京ビッグサイト、幕張メッセ、東京国際フォーラム、池袋サンシャインシティ、パシフィコ横浜、ポートメッセなごや、インテックス大阪、マイドーム大阪、西日本総合展示場、福岡コンベンションセンターでの展示会出展にご利用いただいております。

サービス提供地域
関東地方
・東京ビッグサイト
・幕張メッセ
・国際フォーラム
・サンシャインシティ
・パシフィコ横浜
中部地方
・ポートメッセなごや
近畿地方
・インテックス大阪
・マイドーム大阪
九州地方
・西日本総合展示場
・福岡コンベンションセンター